離婚への道

旦那の給料は共有財産?離婚するなら折半になるって法律が不思議すぎる

離活を始めてから、お金の話ばーーーっかりして、結婚ってお金…?

そんなモヤモヤに襲われて気が付きました。

結婚はお金じゃない。

なのにお金でもめるから離婚に発展する。

給料の一部しか家にいれず、使い込む夫。パート代を生活費に回す私。

離婚する場合、財産は折半と聞きます。じゃあ、結婚してたら旦那の給料は家族共有の財産になるんじゃないの?

夫の給料は誰のもの???

旦那の給料は誰のもの?その考えがもうすでに…

婚姻は法で決められていることだけど、夫婦の家計のやりくりについては、法での決め事がありません。

じゃあ婚姻ってどんな決め事なのか、【民法第4編第2章「婚姻」】の一部を抜粋してみると…

同居、協力及び扶助の義務
(第752条)
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

婚姻費用の分担
(第760条)
夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

・・・アバウト。

法の解釈って、難しい。(だから弁護士が存在するわけだけど)

でもこれ、純粋に解釈したら、

夫婦は互いに協力しあい、分け合いなさいっていう、ごく当たり前というか普通のことのはず。

だって、

お互いに【同じ労働で同じ収入を得て、同じ家事をこなして同じものを持つ】

そんなのできるわけないじゃないですか。

 

仕事も違うし、やること違うし、必要なもの違う。

だからお互い協力しあって分け合うんですよね。

なのに、不平不満が溜まってく。

夫側:なんで俺の稼いだ金を自由に使って文句いわれなきゃなんないの(俺の給料は俺のものだろ)

妻側:なんで無給で家事や子育てしなくちゃいけないの(旦那の給料は家族のものでしょ)

法律上ではどうなってるの?!

旦那の給料は共有財産ではない?!妻は権利を主張できない

法律上では、夫婦二人の資産・収入は家族共有のもの…とは

な・り・ま・せ・ん!

民法第762条にはこのような記述があります。

【夫婦間における財産の帰属】
第762条
特有財産:夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、夫婦の一方が単独で有する財産とする
共有財産:夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する

夫が稼いできた収入は、夫の財産であって、妻が自由に使っていいものではないとされています。

だから、「旦那の給料は旦那のもの」。

よって「妻の稼ぎも妻のもの」。

※弁護士によっては、婚姻後に貯蓄した財産は共有財産と解釈するケースもあります。

ただし、夫婦間には先に挙げた民法第760条の婚姻費用の分担義務があります。

個々の稼ぎは個々のものだけど、婚姻関係を結んでいる以上、それに係る費用は分担しましょうと。

でも婚姻費用なんて、実際にはどこからどこまで、いくらですって法で決められるものでもないですよね。

夫の仕事はお金で評価されても、妻の家事育児はお金で評価されないわけだし。

necco
necco
婚姻費用の目安というのもあるけど、まぁ現実的な金額じゃないわよね

結局のところ、「夫の給料は誰のもの?」なんて質問に答えなんかでるわけない。

民法752条の「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」が答え。

これを夫婦でどう解釈するかじゃないのかな、と。

旦那の給料は共有できないのに離婚するなら財産分与?

TV番組などを見ていると誰のための法律なのか疑問に思えることってありますよね。

婚姻中は「旦那の給料は旦那のもの(特有財産)」としておいて、

離婚するときは「夫婦の財産は半分づつに分けるのが基本(財産分与)」というのだから。

 

だったら結婚する時点で、

夫婦で稼いだお金は【共有財産】としてくれたら、ってどうしても思ってしまいます。

そしたら、夫が散財するのを法的に止められたのにって。

necco
necco
でもそれやっちゃうと、結婚する人が減っちゃうんじゃないの

 

世の中結婚詐欺はあるし、旦那の稼ぎを散財する妻(あるいはその逆)もいるのだと思います。

でも、

「夫の稼ぎは夫のもの」

これに苦しめられてる妻がどれだけいることか。

 

離婚するから財産分与を望むんじゃない。

夫婦の収入を共有財産にできなかったから離婚したいってことなんですよね。

夫婦の財産は夫婦で決めるものであってほしい

だから、結婚に夢をみたい私は思うわけです。

婚姻とは

「二人の収入は夫婦の共有財産とし、お互い愛を持って支え合うこと」

と、民法を変えてくれたらいいのに、と。

 

necco
necco
あっ、愛…(プッ)

 

事実、私は愛を軽んじて結婚したから、破綻を迎えてるわけだし。

愛をもって支え合えないから、お金のことでいがみあったり不満を募らせてるわけだし。

そもそも弁護士によって色んな解釈ができる法なら、「愛」を盛り込んでもアリじゃない?

 

だって、「旦那の給料は誰のもの?」と考える時点で、なんか悲しいじゃないですか。

旦那の給料は旦那のもの。私の人生も私のもの。

私は子育てをしていないので、夫に養ってもらうことに負い目を感じてきました。

だから転勤妻でもパートを続けて生活費に充ててきた。

でもその一方で、夫が家事もせず、節約もせず、貯蓄もせずにいることが許せない。

 

今突然夫が消えたら、路頭に迷うだけの不安な生活から抜け出したい。

 

夫の給料は夫のもの、そうなんでしょう。

なら、私の人生も私のもの。

necco
necco
アタシの人生はあんたに預けてるから、そこんとこは大事にしてちょーだいね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA