結婚生活

子なし夫婦に必要な間取りは?我が家の部屋の使い方【失敗例】を参考に。

我が家は夫婦二人で、結婚当初から子供を持つつもりがありませんでした。

加えて夫は転勤族。

結婚10年の間に4回引越ししてきた中で、いろんな物件も見てきました。

そこで今回は、我が家の部屋の使い方を振り返り、失敗例をまとめてみましたので、参考にしてみてください。笑

まさにしくじり先生ってやつね!

夫婦二人(子なし)我が家の間取り歴

結婚前は離れた場所に住んでいたので、最初の引っ越しを入れると、夫婦で暮らしてきた家は計5か所。

それぞれの良かった点・悪かった点を振り返ってみます。

新婚当初の住まいは夫が1人暮らししていた2K

夫が転勤族なのはわかっていたので(とはいっても、結婚当初はこんなに短い周期での転勤族になるとは思ってなかった)、結婚当初は夫の住む2Kに私が転がり込むような形で新婚生活がスタート。

1部屋は夫の衣類やTV、ソファが占めていて、もう一部屋は寝室(ダブルベッドとここにもTV)という使い方。

私の荷物の収納スペースがないという有り様で、新婚感は全くなし。

夫が物を捨てられない性格だとわかったのは同居後。

更にストック癖がある夫との2K暮らしは、今思えばかなり拷問でした。

子供がいなくても、結婚すれば荷物は増えがち。同棲なら我慢のしようもありますが、結婚すると何かが違う。

スペースの共有(折半)ができないなら、1K、1LDK、2Kでは狭すぎです。

(幸いなことに、ここは半年そこそこで転勤になりました)

リビングのありがたみ!2LDKへ引越し

さすがと私の荷物収納がないことに後ろめたさを感じたのか、次の転勤先では2LDKの部屋を選択。

1部屋は完全に夫の収納部屋(ほぼ衣類)、1部屋は寝室兼私の収納スペース、そしてTVとソファがリビングへ。

2Kの時は食事をとるテーブルすらなかったので、リビングテーブルを購入。(ソファとテレビの間に設置)

対面キッチンで広々と感じるリビングがあるだけで、部屋の開放感が全然違いました。

リビングと寝室は引き戸での仕切りだったので、エアコンもリビング用で事足りるし、夫の部屋はクローゼットなので長居することもなくエアコンも不要。

2Kからの開放感に満足していましたが、夫の実家が近くなったことで(それでも隣県)一度義両親が訪ねてきてくれたんですが、客間の用意ができないのは少し申し訳なかったですね…。

和室ありの3LDKへ!ゆとりができたことによる失敗

次の転勤は、実家からも遠く離れた土地で、客間も不要かな、という状態だったんですが、距離がありすぎて物件を直接見に行けない&ゆっくり探している時間もない、ということで、築年数から3LDKのマンションを選択。

リビングと繋がる和室に独立した寝室と、もう一部屋は当然のごとく夫の荷物部屋。

寝室が独立したことでエアコンが必要となってしまったのは難点。

夫の希望で和室にこたつを置き、リビングのTVとソファはほぼ映画観賞用に。

部屋の無駄遣い感がある上、前寝室に置いていたラック(3列×2段)が和風だからという理由で和室に、夫の部屋に置いていた扉付き収納ラック(3列×2段)が寝室に、そして自分の部屋にチェストを増やした夫。

これがほんとに失敗だった。夫の服や靴のコレクションはここから増えていく一方に。

ここで猫との出会い

話すと長いので端折りますが、ここのマンションのゴミ置き場で1匹の野良猫と出会い、転勤族の身でありながら、悩んだ末に一緒に生活することにします。

猫を飼うということは、ペット可の物件に住む、という制約がでてくるので付け加えさせてもらいますね。

ペット(猫)可の物件がない!やむなく2LDKへ

前回の部屋は偶然にもペット可物件だったのですが、次の引っ越し先の地域ではなかなかペット可の物件が見つからない。

勤務先まで距離を取るか迷ったんですが、内覧させてもらった部屋から勤務先までの道のりが…ほぼ山道。

これをさすがと毎日通うのはつらい、というわけで、再び2LDKの間取りに戻すことに。

独立した一部屋はもちろん夫用クローゼット、リビングと引き戸で仕切られた一部屋が寝室に。

(寝室にあったエアコンは夫の部屋用となりました)

寝室は私の収納を兼ねていますが、この部屋の押し入れがかなり広くて、夫の収納ケースまで押し込められてしまいました…。

 

和室にあったこたつも棚もリビングへ置かざるを得ず、しかも前回リビングが余裕だったことをいいことに、夫が私にプレゼントしてくれた電子ピアノを寝室に置くことになり、

(私になんの相談もなく購入したこの電子ピアノが、余計な機能満載で無駄にでかい。)

寝室に置いてあった扉付き収納ラックもリビングへ。

こたつはあったほうがいい、というのでリビングテーブルは処分することになりましたが、それでもきっつきつのリビング。

でも家族(猫)が増えたことで、イライラは減りました。(そのせいで夫に甘くなった感は否めない)

再び3LDKへ。夫の暴走が加速する

で、次の転勤。

引越し先は猫可の物件が数件あったものの、築年数や場所の不便さもあって初の戸建て物件へ。

(とはいっても集合住宅のような感じの)

1階はリビングとキッチン、お風呂と洗面所、トイレ。

2階は3部屋+トイレ。

1部屋はいうまでもなく夫の部屋、もう一部屋は寝室兼私の収納(扉付き棚を戻す)。

そしてもう一部屋には、前リビングを占領していたこたつと棚、そして寝室のクローゼットが狭すぎたので私のチェストと収納ケース、夫の収納ケースまでもがこの部屋に。

私の収納スペースが変わらないのなら、2LDKのままでよかったんじゃないかと思うものの、広い部屋だと、やっぱり猫が楽しそうです。

転勤族で子供もいない、実家も遠い、となると来客もないので、3LDKだと一部屋分余裕ができる感じになってしまいます。

夫がこたつは2階、と譲らず、だからといって2階で食事するわけにもいかず、リビングテーブルと椅子を買い直すことに。

更に夫は、収納スツールとワンダーコアも購入。雑誌の定期購読も開始。

空間の余裕が生まれたことで、夫の物欲はこの頃から急激に加速していきました。

夫の金遣いが荒い!浪費癖を理由に離婚はできる?準備すべきことは?結婚10年、夫の金遣いの荒さにはほとほと呆れています。 自分で稼いだお金で欲しいものを買いたい、やりたいことに使いたい、その気持ち...

ロフト付き2LDKでなんとか、でも別問題が浮上

次の転勤では、またしても猫可の物件が少なく、3件の中から絞ることに。

3LDKもありましたが、場所が遠い。ここまで荷物が増えた今、2LDKに戻すのも無理がありそうでしたが、ロフト付きの2LDKなら、とやむなく決定。

服も靴も雑誌も増えた夫の荷物は、夫婦二人分とは思えないほどのダンボール数。

ヒーターなどの季節家電やトランクケースをロフトに置けたからなんとか、という感じです。

物を収め切ったのはいいけれど、今回の部屋はリビングを中央に、寝室とロフトと繋がる夫の部屋がそれぞれ引き戸で仕切られて、完全に独立していません。

この引き戸を壁にするようにTVを配置するしかなかったので、寝室からTVの音声が丸聞こえ。

寝室にはエアコンがないので、引き戸は1枚分常に開放している状態で、リビングの明かりがもろに差し込みます。

それなのにスマホゲームをするようになった夫は、お風呂に入るのも寝るのも遅くなり、

「明るい・音がある」と眠れない私には拷問。

そもそもいびきがうるさい夫には悩まされてきたのに、全く気遣いのない夫にイライラは募るばかり。

どうして寝室を別々にしなかったのか!

夫婦二人に必要な間取りと使い方まとめ

いびきは結婚当初からだったので、寝室を分けたい願望は最初からあったんですが、夫が頑なに否定していたので、諦めてリビングで寝たりしてました。

というわけで、今ならわかる子なし夫婦に必要な間取りは…2LDK~3LDK。

2LDKの使い方は、

  • リビング共用、各一部屋を個別に使う
  • 1部屋は収納用、1部屋は寝室として、ケンカした際は収納部屋で眠れるスペースを常に確保しておく

3LDKの場合は、

  • 3部屋目はストックルーム(納戸)として共用する
  • ペット部屋、ゲストルームにあてる

とかですね。

物が多くないならLDKでなくてもいいのかもしれませんが、共有スペースとなるリビングはあったほうが快適。

(ケンカした時に、部屋が狭いと距離がとれずに余計イライラします。笑)

転勤族なので物を増やしたくないし、エアコンも増やせないので2LDKが理想ではあったんですが、快適に過ごせたのはやはり部屋が独立している3LDK

転勤族じゃなかったら、間違いなく3LDKにして寝室は別々ですね。

しくじり先生のアドバイスなんて…といったとこですが、子なし夫婦二人暮らしの参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA