離婚への道

離婚時の年金分割しなきゃ損?請求に必要な書類と期限に注意!

夫の扶養内に入っている専業主婦(あるいは扶養範囲内で働く主婦)の場合、年金は夫だけの支払いとなっていますよね。

夫がサラリーマンや公務員なら、夫は第2号被保険者として、国民年金と厚生年金を収めているわけですが、離婚すれば当然、婚姻期間中の老齢厚生年金を受給できるのは夫だけです。

国民年金の給付制度についての賛否両論はさておき、厚生年金には納付した年金保険料を「夫婦が共同して負担したものとみなす」という考え方に基づき、「離婚時の年金分割」という制度があります。

離婚を考えている【専業主婦の方・扶養範囲内で働いていた主婦の方】の場合は特に知っておいたほうがいい、年金分割の制度や請求方法、必要な書類をまとめてみました。

離婚時の年金分割が請求できるケースとは

転勤妻として正社員勤めや仕事を選ぶことができなかった私としては、婚姻期間中に厚生年金の支払いができなかった要因は夫にあるのに、老齢厚生年金を受給できるのは夫だけ、ということはどうも納得がいかない。

そこで考えているのが「離婚時の年金分割」制度。

夫婦どちらかの厚生年金を分割し、もう片方の年金をサポートする制度となっています。

共働きでどちらも厚生年金に加入していた場合は、「合意分割制度」を利用することで、夫婦間での分割の割合を話し合って決めることができます。

夫婦間で稼ぎに格差がなければ分割の必要もないのでしょうが、私のように第3号被保険者の場合はそうもいきません。

そこで、2008年4月1日以降の婚姻期間中の、夫の厚生年金記録を1/2ずつ分けることができる制度「3号分割制度」を利用することになります。

受け取る年金が半分ずつになるのではない?!

年金を1/2に分割する、と聞くと、将来夫が受け取る年金額を半分も貰えるという感じにとらえられるかもしれませんが、そうではなく、

夫が支払ってきた厚生年金の記録を半分ずつ分ける(保険料の算定基礎となる標準報酬を分割する)ということです。

3号分割に相手の合意はいらない?

双方の話し合いで分割の割合を決める合意分割とは違って、3号分割の場合には相手の合意は不要です。

とはいえ、離婚時の年金分割には標準報酬改定請求書(離婚時の年金分割の請求書)の提出が必要になります。

もちろん夫との婚姻関係や年金の情報を確認する必要があるため、

  • 請求者の年金手帳もしくは基礎年金番号通知書
  • 婚姻期間を確認できる書類(市区町村の証明書もしくは戸籍謄本・抄本など)
  • 国民年金第3号被保険者加入期間証明書

といった書類も必要となり、離婚後(あるいは別居後)に用意するのが難しい場合も。

年金分割を考えるなら、離婚前から準備しておくのがベストです。

離婚時の年金分割には請求期限がある!

離婚時の年金分割には、離婚した翌日から起算して2年以内という請求期限があります。

いざ年金を受け取る年齢になってから気付いても、離婚から2年以上が経過していれば請求することは不可。

年金なんてまだ先のこと、と考えていると、受給金額が減ってしまうことになりかねないので注意が必要です。

離婚時の年金分割でもらえる金額は?

年金の受給額については、個々の支払い期間や給与額によって異なるので、どうしても目安となる金額がわかりにくいもの。

2018年度の厚生年金受給平均額(男性)は14万5千円。

年金分割はこれを折半するのではなく、婚姻期間中に支払っていた厚生年金の記録を半分にするので、平均額の半分以下になるケースも多いことでしょう。

自身の正確な年金額を知るには、50歳以上に発送される「ねんきん定期便」、あるいはねんきんネットなどで確認するしかありません。

ねんきんネット(日本年金機構)

年金分割をアテにするのは間違い、だけど…

理想的な家庭をモデルにしても、年金を分割して妻が貰える金額は月5万円ほどといわれますので、婚姻期間が短い場合は微々たる金額にしかならないでしょう。

分割の手続きには年金事務所に足を運ぶ必要もありますし、必要書類を揃えなくてはなりません。

実際に、分割請求をされるのは離婚調停や裁判にまでなった方がほとんどで、協議離婚の方が請求されるケースは少ないとか。

微々たる年金をアテにするようでは、これからの人生1人で生きていくことなんかできない、そう思う気持ちもありますが、

数十年後、月1万円を節約しながら生活するのと、月1万円収入が増えるのと、どっちがいいでしょう?

老後のことはわからない。

だけど今頑張らなかったことを後悔することにはなりたくない。

離婚時の年金分割制度があるということ、知っておいてもらえたら、と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA