お付き合い

離婚したときの年賀状はどうする?文例や注意しておきたいこと

年賀状の用意をする季節になってしまいました。

まだ今年は離婚してないけど、これ、いざ離婚した時はどうすればいいんでしょうね?

相手によっては手紙で報告するのもかえって気を遣わせてしまいそうだし、さらっと報告するくらいにしておきたい。相手も返事に困るだろうし…。

普段年賀状くらいでしかやりとりしない間柄なら、離婚した年の年賀状はどうすればいいのでしょう?

離婚報告は手紙がマナー?年賀状ではいけないの?

結婚する際には、色んな方からのお祝いや支えがありますよね。

仲人、媒酌人、親戚、知人、友人。

仲人や媒酌人の方とは、結婚3年以上も立てば、連絡する機会なども少なくなるケースが多いと思いますが、一般的には離婚後1ヶ月以内に手紙で離婚報告するのがマナーとされています。

この手の話は面と向かって報告する内容でもないですし、相手の方も気を遣われますので、文面でのご報告でOK。

参考サイト>>離婚報告の手紙の書き方(ビズ式)

既に改めて手紙を書くほどではない間柄なら、年賀状での報告でも大丈夫です。

離婚したことをどうやって年賀状に書けばいい?

離婚報告を年賀状でしてもOK、とはいっても、やっぱりお正月ですから。

暗くなるような報告はNG。

前向きに新しい生活を始めたことをさらっと報告する程度で構わないのだそう。

「離婚しました」と直接書かなくても、「事情により旧姓(〇〇)に戻りました」程度の報告で相手に察してもらうのがスマートかもしれませんね。

しばらく旧姓に戻さない場合、夫との連名をなくしただけでは、頂いた方が解釈に苦しむ場合もあるそうなので、

「お知らせが遅れましたが、新しい人生を歩むことになりました」

「昨年独身に戻り新しい生活をスタートさせました」

「子供と新しい生活をスタートしています」

「心機一転、再出発を楽しんでいます」

などの近況報告に「これからも変わらずどうぞよろしくお願いします」などと添えて、前向きに新年を迎える気持ちを伝えれば、暗い気持ちにもさせずに済むかな、と思います。

さほどお付き合いがあるわけではない方なら、旧姓で出すだけでもいいと思いますし、なんならこれを機に、年賀状のやりとりをスパっと辞めてもいいのではないでしょうか?

(元)夫と共通の知人には?

結婚していれば、夫と共通の知人ができる場合もあります。

お世話になった方であれば、報告しておくのがマナーですが、年賀状で報告してしまうと、翌年もやり取りが続いてしまう可能性があります。

その必要がないのなら、離婚後すぐに手紙で(個別に)ご報告したほうが、新しい住所を知らせることもありませんし、後ろめたさや偶然遭遇した時の気まずさも避けられるでしょう。

すごく面倒に感じることかもしれませんが、「立つ鳥跡を濁さず」です。

年賀状での離婚報告まとめ

離婚したことで、年賀状のやりとりはぐっと減る可能性はありますが、離婚後も年賀状のやりとりをしたい、と思える人がいるのはありがたいこと。

せっかくの新年ですし、年賀状で離婚報告をするのなら、

  • さらっと
  • 離婚しました、とは書かない
  • 離婚の報告はいらない(大変だった、悲しい、つらい、などの心境も不要)

受け取る側の気持ちも汲んで、新しい人生と友人・知人を大事にしたいですよね。

年賀状の季節までに気持ちの切り替えができないようなら、無理をする必要もないと私は思います。

それでも友達でいてくれる人には、落ち着いてから「どうしても気持ちの切り替えができなくて」と素直に不行儀を詫びればよくないですか?

おひとりさま人生、自分も人も大事にしていきたいですから。

necco
necco
もちろん猫(アタシ)も大事にしてくれるわよね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA