節約&やりくり

【メルペイ】かんたん本人確認って何をするの?銀行口座の登録との違いは?

メルカリが提供するスマホ決済サービス、の友達紹介キャンペーンに登録したんですが、1,000円分のポイントを獲得するには本人確認までしなきゃダメとのこと。

それに、メルカリユーザーなら、本人確認の手続きを行うことで、

  • メルカリでの売上金をそのままメルペイで使える
  • 売上金の有効期限(180日)がなくなる

という大きなメリットがあります。

登録方法は「アプリで簡単本人確認」か、「銀行口座の登録」の2種類。

どっちがいい?やり方や違いを調べてみました。

「アプリの本人確認」と「銀行口座登録」の違い

クレジットカードを作るわけでもあるまいし、本人確認の手続きなんて、面倒くさいし、ちょっと怖い…。

なんて思わなかったこともないけれど、1,000円の誘惑は強い。

necco
necco
そんなこと言ってたら、スマホもクレカも持てないわよねぇ。

しょうがない。やるか!

本人確認と銀行登録の2種類から選べるというのだけれど、何がどう違うのかしら?

アプリでかんたん本人確認

こちらは本人と身分証明書を確認する方法。

ただし、認められている身分証明書は、免許証・(日本政府発行の)パスポート・在留カードのみ。

免許証と自分の顔をアプリで撮影して、本人確認をすることができるのだそう。

…恥ずかしい。

なんて気持ちがなければ、免許証のコピーなども不要なので手軽でいいですよね。

銀行口座の登録

こちらは銀行口座を入力をすることで本人確認する方法。

メルカリを利用している人なら、売上金を振り込んでもらう「振込申請用銀行口座」を既に登録している人もいるかと思いますが、それとは別で、登録した銀行口座からメルペイへのチャージができるようになります。

登録方法は各銀行によって少し違いがあるものの、登録する口座のキャッシュカードか通帳、暗証番号などが必要になります。

メルペイの画面で必要事項を入力後、各銀行のサイトで登録情報の入力を行う流れになります。

ただし、利用できる銀行は限られます。(2019年11月時点でゆうちょ銀行は未対応)

【メルペイ本人確認】銀行口座の登録に失敗する

免許証と一緒に自撮りなんてムリ!

というわけで、銀行口座の登録を行っていきます。

ゆうちょも楽天銀行も使えなかったので、三菱UFJ銀行で登録してみることに。

メルカリアプリの「メルペイ」を開き、「お支払用銀行口座の登録」へ進みます。(あるいはメルペイ残高の横に表示される「銀行口座を登録」から)

指示に従って画面を進んでいくと、利用できる銀行名が出てくるので、それぞれの銀行登録に必要なものを用意します。

名前や住所、銀行口座の情報などを入力し、「銀行サイトへ」をタップ。(パスコード入力がでる場合あり)

各銀行サイトに繋がるので、規約の同意などを行っていきます。

更に、本人確認情報(生年月日やキャッシュカード暗証番号など)を入力。

UFJ銀行の場合、通帳最終残高の入力が必要だったんですが、「通帳最終ページが繰り越しとなっている場合、1行上の残高を入力してください」とあったので、その通りに入力。

注意事項の確認があり、同意の上実行したら…

なんとエラー。へっ?

通帳を確認してみると…

新しい通帳に繰り越ししてたの忘れてた!!!

(つまり最終残高の入力ミス)

OMG。

気を引き締めて再トライ。

…再エラー。

数回ミスると登録できなくなるからね!と注意されてたけど、まだ1回目だよ?

というわけで、私から皆さんに、すごく為になるアドバイスです。

口座情報の入力は慎重に。

アプリでかんたん本人確認をやってみる

そんなわけで、あれだけ嫌だった免許証を使っての本人確認をしなければならなくなりました。

登録できる銀行口座がない方もこちらを利用することになります。

もう失敗したくないので、ちゃんとやりかた動画もしっかりチェック。

アプリの指示にあわせて自分の顔と免許証をスマホに向ければOK、と。

では、「アプリでかんたん本人確認」画面より免許証を選択して進みます。

スマホと顔の距離感とるの難しいっ!

「顔を左に傾けてください」の指示に、必死で左を向く私。(指示内容はその時で異なるので、ちゃんと画面の表示をみましょうね)

なんとか免許証がしっかり写る角度を発見して、表面、裏面、厚みと撮影していきます。

必死のモザイク。お察しください。笑

写真撮影が終わったら、住所などの本人確認情報を入力して、4桁のパスコードを入力して終了。

確認までには時間がかかります。

メルカリより本人確認完了のお知らせがあったのは、3時間半後。

キャンペーンポイント(すすメルペイの1000P)も同時に付与されてました。

メルペイ本人確認のまとめ

すったもんだはあったものの、無事本人確認は完了。

ポイントも貰えて、中途半端に残っていたメルカリの売上金の有効期限がなくなったので、結果いいことづくしでした。

メルペイ本人確認のまとめ
  • 本人確認をすることで、売上金の有効期限がなくなる
  • メルカリの売上金をメルペイで使えるようになる
  • 銀行口座での本人確認と、免許証をアプリで撮影する本人確認がある
  • 口座入力に抵抗があるなら、アプリでの本人確認へ
  • 写真撮影に抵抗があるなら、銀行口座での本人確認へ
  • 利用できる銀行が限られている
  • 免許証の住所が違う時は補助書類が必要

手こずった割には1回で撮影も登録もできましたが、一部スマホではなかなか撮影ができないといった事態も発生しているとのこと。

その場合は銀行口座での登録を検討してみては。

メインバンクを登録するのは不安、という場合はジャパンネット銀行などのネットバンクをサブバンクとして利用してみるのもアリかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA