おひとりメンタル

子供がいない人生を後悔しない?消えないもやもやと消えない決意。

今日のLINEニュースで、《あゆ(浜崎あゆみ)が出産してママになってました》って記事を見て、少しだけ、なんだかもやもやした気持ちを抱えながら書いてます。

子供を産まない選択をしたのは私自身だけど、妊娠・出産のニュースにはいつも心がもやもやしてしまう。

このもやもやって何なんだろう?

身内や友人の出産には「よく頑張ったね、おめでとう」って心から思うし、子供を産まない選択がブレることもない。

なのに芸能人や有名人のニュースだとどうしてもやもやしちゃうんだろう…?

子供がいない人生は責められるもの?

私が子供を望まない理由については、前にお話ししてますが、

子供が欲しくない理由、言えない本音と親への嘘。夫や義両親の理解は?結婚10年、子供なし。 子なし夫婦を選んだのは私(妻)です。 子供を作らないことを条件に、夫からの求婚を承諾しました。 ...

子供がいない人生を羨ましいと思うこともないし、逆に子供がいる人生を羨ましいと思うこともありません。

でも《子供を産むこと、子供がいることを幸せに思える気持ち》は少し羨ましく思えます。

 

それなのに、芸能人や有名人の妊娠・出産のニュースを見ると、

心の片隅がザワザワする。

 

「全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです!!!!!!!」

 

そんなコメントを見て、間違ったこと言ってないし、本当にそうなのだろうと思う。

大変な思いをして命がけで子供を産むのは本当にすごいことだし、それを乗り切って得られるものは私の想像を絶するはず。

それなのに、心の片隅に居座るもやもやを無視できない。

 

世の中の多くの人が、このニュースとコメントを見て、

「子供を産むのは女の幸せ」「母になった女は強い」

そう思って、

 

子供を産まない選択をした私のことを、

「子供を産まない人生なんて」

「それが当たり前なのに、どうして」

そう思うのだろう、と。

多くの人から責められてるような気持ちになる。

 

「気持ちで産めない」なんてただの逃げ口実だと私自身、心のどこかでそう思ってるんだと思う。

でもその一方で、

「母になることはすごいことだってわかってる」けれど、「母にならないことを責められる筋合いもない」と思う気持ちもある。

もちろん実際に責められてるわけじゃないけど、

「女性は子どもを産んでこそ幸せ」

そんな刷り込みが、私自身にあって、それを消せないうちは、きっとこのもやもやも消えないんだろうなって思う。

子供を産もうが産むまいが、「幸せ」かどうかは自分で決められることなのに。

子供のいない人生が逃げ、なんじゃない

朝から感じてたもやもや、言葉にしてやっと正体がつかめた気がしました。

昔から人の目を気にしてた、そんな私がまだいるんだなぁ…。(がっかりよ)

子供がいる人生を羨ましいと思う気持ちも、本当はどこかにあるんじゃないかな、と考えてみたけど、今更、っていうのもあるのか、やっぱりそれはないみたい。

これから先の人生だって、浮き沈みはあるんだろうし、だからってくよくよしてもいられない。

子供のいない人生を選択したことが「逃げ」なんじゃなくて、自分の選択に自信を持てないことが「逃げ」なんだろうなって。

なんかそんなかっこいい(?)こと思わせてくれたのがこの本。

産まないことは「逃げ」ですか?

自分のことを正当化したいわけじゃないけど、もやもやするのも嫌。

まとめ:人生で後悔しないことなんてある?

自分の気持ちを客観的に見てみたからって、感情をコントロールできるほど出来た人間じゃないです、私。

人生において、後悔することなんて沢山あるし、全く後悔なしで生きてる人なんて、います?

 

将来、子供がいない人生を後悔するかどうかなんて、今の自分にはわからない。(後悔するつもりはないけど、それは今の気持ちだから)

 

でも勝手な妄想でもやもやするのは良くないなぁって。

 

「ずるい」と思われようが「かわいそう」と思われようが、結局はみんな隣の芝をみてるだけ。逆もまたしかり。

(ローランドは隣の芝まで青くしちゃうんだって。カッコいいよね)

子供のいない人生を後悔するかどうかじゃなくて、自分の生き方を後悔しないように、ブレない気持ちを持ちたいなって思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA