離婚への道

夫につい”離婚”を切り出しそうになった件(前編)

前回のお風呂にすぐ入らない夫の話、からの続きにもなるんですが。

先日ついうっかり、「私、離婚考えてるから!」あるいは「次の転勤についていくつもりないから!」と言いそうになっちゃった話・前編です。

まだ家をでる用意もできてないのに、危ない、危ない…。

え?たった1日しか守れなかったの?

私がお風呂から上がったら、ちゃんとすぐ入るようにするから、って何度目かの正直で、

とうとう【私があがってから5分以内にお風呂に入る事】を約束させた夫。

ところが2日目で早くも5分オーバー。

私の入浴時間15分の間に、なぜ終わらないとわかってるゲームをしてしまうのか。

なぜ私がお風呂あがってから、洗濯物を仕舞い始めるのか。

(夫の部屋に基本私は干渉しないので、畳んだ洗濯物は夫が自分で仕舞うことになってます)

 

子供じゃあるまいし、約束1日しか守れないってどーゆーこと?(人としてどーなの?)

と呆れるんですけど、まあ10分以内には浴室に向かったし、翌日は夫が焼肉をごちそうしてくれる予定になっていたので、そこは腹黒く我慢。

necco
necco
(焼肉で釣られたってこと?!)

そんな腹黒い考えが私にもあったから、今まで離婚せずにきてしまったのだけど。

で。

その翌々日。

夕食の量が足りなかったから、カレーが食べたいというので、ストックのレトルトカレー(そりゃさすがにね)を温めて出したのだけど。

カレーを温める時間なんて、たかが知れてます。

そのたった数分の間にスマホゲーム開始。

熱々のカレー放置プレイ。

 

私は食器を洗いたい。(もちろんお風呂もこれから)

「私、先にシャワーで済ませるから、自分でお風呂沸かして入ってね」

 

・・・15分後。

テーブルの上に食べ終わったお皿放置プレイ。(これはいつものことだから驚きもしない)

食器を洗い、あれこれ片付けてから、私は寝室で猫と一緒にスマホ内職ぽちぽち。

necco
necco
私はスマホしないよ?(寝るだけね)

 

しばらくすると、リビングから聞こえてきたのは夫のいびき。

覗くと、TVの前で横になって寝ているんです。お風呂も入らず。

時刻は23時。

そりゃ、お風呂沸かしてないのだから、ガス代の点では問題ないんですけど。

でもお風呂が遅くなるってことは、寝る時間も遅くなるってことで。

疲れてるなら早くお風呂に入って早く寝ちゃえばいいのに…。(なんならTVは消してほしい)

普段から「早く寝よう?」「0時には寝たい!」とお願いしてるのに。

就寝時間合わせられないなら、寝室わけて欲しい!

…ってまだお風呂も入らず寝ない夫

リビングで寝ている夫(うたた寝レベルじゃないよー)に、

「ね、そこで寝てたら風邪引くよ。疲れてるなら、早くお風呂入って一緒に寝よ?」

 

・・・なんてことは言わず。

0時前になったので、猫の水やら加湿器の補水などしていると、

夫も私が動いた気配に気付き、「お風呂沸かしてないの?」と聞くので、

なんかカチーンってきたんですよね。

過ぎたことを持ち出すのは私の悪いとこだってわかってるけど、

ここ最近、夫の明け方のいびきがひどくて「(うるさい&呼吸が止まるのが気になって)全然眠れない」と伝えているのに、なにも対処しないことに腹がたってきて、

「いびきのせいで寝不足なんだから、せめて早く寝る努力とかしてほしいんだけど」

というと。

・・・

・・・

無視。

無視かい!

 

で、夫はそのまま部屋に引っ込み、私はもう寝ようとベッドに入ったのだけど。

一向にお風呂に入る気配なし。

リビングと寝室を繋ぐ引き戸は、猫が通れる幅だけ残して証明もMAX暗くしたけれど、

イライラして眠れない!

だって、「早く寝て欲しい」って言ったのに、だよ?

それって完全ワザとだよね?!嫌がらせレベルだよね?!

結局お風呂に入ったの1時過ぎ。

ベッドに入ったの2時過ぎ。

で、私が寝落ちするより先に鳴り響いてきたいびき。

 

…もう我慢ならない!

(私以前、睡眠ストレス解消だのアンガーマネジメントだの言ったけど、全面撤回する!)

 

枕と毛布を抱えて、夫の部屋のロフト(ここは共通の荷物置き場)へ移動し、そこでやり過ごすことにしました。

なにがびっくりって、ロフトにまでいびきが聞こえてくること。

さすがとリビングを挟んでいるから大きな音じゃないとしても、いびきだってわかるだけでイライラ。

(いびきが罪なんじゃなくて、結婚当初からいびきのことは言ってるのに、自ら対処しようとしないところが腹立つの)

 

当然カーペット敷いてるだけの床も固いから寝付けない。

 

数日前に注文した《いびき対策用の耳栓》、まだ届いていないけど、これじゃシングルのマットレスも必要だわ…。

あぁ、なんで私の出費が増えなきゃなんないの…orz

いや、でも家を出たら、母が泊りにくる際などの客用布団は必要になるから、先行投資だと思えばいいのね…。

出窓のとこは布で簡易カーテンをかけて、毛布も全部持ってきたらそんなに寒くないかもね。

 

…最初からこうすればよかったんじゃない?

でも私がロフトにくると猫もついてくるから、夫の部屋の引き戸はその分開けっ放しになるわけで、そうするとリビングの暖房(or冷房)が逃げちゃうから電気代が増えるのか…

うーん。

 

…うとうと。(夢の中で足が痛くて目が覚める)

もう既に外は明るくなってきて、稼働し始めた近くの工場の機械音がうるさい…

睡眠不足独特の、息切れするような疲労感。

 

しかも、まだいびきかいて寝てる!龍角散用意したほうがいいんじゃないの?!

(いびきって、なんで本人の耳には聞こえてこないのかな…?)

 

そんな一夜を過ごしたあとの、「うっかり”離婚”を口に出そうとした事件」後編へ続きます…。

necco
necco
まさかの二部作!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA