離婚への道

旦那デスノートならぬムカツイタデスノート

ちょっと昔のものが出てきたので久しぶりの更新です。

世の中には旦那デスノートなる存在があるというけれど、

うちにあるのは『旦那にムカツイタデス』ノート。

さて、そこに書かれていたこととは…?

旦那デスノートって、ネット上だけ…だよね?

実際にアナログで旦那デスノートを書いてる人っているのでしょうか?

(八神月みたいに、ちゃんとノートにペンで)

ネット上だから普段言えないことも言えるんだし、それで少しでもストレス吐きだせてるなら、意見とか言える立場にないのだけれど、でも!

Twitterとか、あの専用サイトとかで書き込みしてる人がほとんどだと思いたい。

だって匿名だから過激なことも書けちゃうわけで、万が一見つかったらやばいし、見つからない場所に隠してるとしても、もしも自分の身になんかあったらどーするの?!

と勝手に心配してしまう。

でも私、アナログ人間なので

SNSは苦手だったし、過激な言葉が出てしまうほど辛い立場に立たされてるわけでもない私。

旦那の言動が頭にきた!ってことは忘れない自信があったから、ネット上の書き込みとかしてこなかったわけです。

それが先日…。

探し物をしていた時に1冊のメモ帳が出てきまして。

最近自分の記憶力がどうも怪しく、メモ魔になりつつある私は、「メモ帳ゲット♪」と早速1ページ目を使ってベリッ。

すると2ページ目以降には…

旦那の言動にムカついた出来事がつらつらと書き綴られてました。

「ハッ!そういえばこんなメモやってた時期あった!」

旦那にムカツイタデスノート(一部抜粋)

メモした事すら忘れてるくらいなのだから、大したことは書かれてないし、

その当時の背景がわからないと意味不明な書き方しかしてないものが多くて。

でも半分くらいは料理に関すること。

  • ハンバーグは和牛ミンチを使ってビックリドンキーのように薄く作れとのこと(-_-メ)
  • 麻婆豆腐の豆腐が2cm角サイズじゃないとキレられる(-_-メ)
  • 自分じゃ猫の食事すら用意できないくせに、毎回料理になにかしら文句つける(-_-メ)

…なんだそれは。

今となっては、どうでもいいような事が書き連ねてあるわけですよ。

でも言われた当時は「カチーン」と来たわけで、メモしなかったらどんどんストレス溜まってたとも思うんです。

結局は、自分でも毎回似たような出来事をメモするのに飽きちゃったみたいで、10ページも続いてないんですけど。

旦那デスノートではないけれど

今回改めてメモを見返してみて、こんなにくだらないことで頭にくるような夫との離婚を考えるようになるまで、ずいぶんと時間がかかったな、と。

だって、頑張るより我慢のほうが楽だったから。

2020年の目標は夫の給料を超えることだけど、全然楽じゃない。(楽っていう人もいるよね)

でも、一生我慢より今我慢。

(我慢しすぎてるせいか、夢で夫に離婚を言い渡すことが多くなって怖い…)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA